スリットローター

ブレーキディスク スリット加工ローター
写真はE30フロントディスクローターです。
Ate製 ローターに6本のスリットを加工&塗装したものです。12本加工も出来ます(¥1,575-up 税込み)。
ペイントはお好みで如何ですか?写真はゴールドの様なオレンジの様なメタリック塗装です。
制動力の向上、フェード現象の抑制などが狙いです。
参考価格 フロント一台分(左右set) ¥37,800-(税込み)
ディスクローター(Ate製新品)、6本スリット加工(両面)、塗装込み
ブリーズでは現在使用中のローターもしくは、中古ローターの研磨はお勧めしません。
ジャダの発生の可能性が大の為です。

憧れのALPINA

アルピナだぁ〜すごいな〜
先日ブリーズのHPを見てALPINAさんが遊びに来られました。
実は私、e30アルピナの本物を目の前で見たことがありません。
C2 2.5だそうです。しかもアルピナブルーではありませんか!
いーな〜、いーな〜 そんな事ばっかりつぶやく私でした・・・

ATF & ATFオイルストレーナー 交換


オートマチックOIL&OILスクリーンの交換
BMW E30 の場合全量の交換はお勧めしません。約2万KM毎くらいで交換をお勧めしています。ATが潰れるとかなり高価ですので、神経質な交換を提案しています。ブリーズではATゲージの根っこを外してOILを抜きます。ATオイルパンを外し(6本のボルト)ますとOILストレーナー(スクリーン)が見えます。トルクスボルトで付いています。3本のボルトを外すとどっとATFが出てきますので、注意してください。後はOILパンの磁石を清掃し、規定トルクで締めれば出来上がりです。3.5~4Lくらい抜けます。
こまめなメンテナンスで大事なE30を乗り続けたいものです。
ATF OILストレーナー 2431 1218 550 \3,150- (税込み)
Oリング 2431 1218 570 \231 (税込み)
OILパンP/K 2411 1217 082 \2,058- (税込み)

エンジンの吹きが悪い M20


どうもエンジンがばらつき、吹きが悪い。なんだか6気筒ちゃんと点火してないような・・・
基本はプラグ、エアエレメントの点検、清掃もしくは交換ですよね。
それでもだめなら、プラグコードの抵抗値も測定しましょう。デスビのキャップ、ローターのリークも点検。
今回は全て異常なし・・・
130000KM走行の89年式320 M20エンジンです。点火系に問題が無かったので、燃料系に点検が進みました。
整備屋さんにもいろんな進み方があると思いますが、私はこんな順番です。
インジェクターに聴診器をあて音を聴きました・・・なんか違和感がありました。
インジェクターカプラーを外し点検したところ断線が見つかりました。どうもここに水が溜まり錆から劣化したもようでした。配線を作り直し、エンジンスタート!抜群の吹き上がりです。
下からの湿気やスロットルバルブの水廻りの漏れからここに水が溜まるようです。
要チェックポイントですね。

ドアミラー ウォーターペイント

これはわたくしのBMW E30 のドアミラーです。外付けのパーツにウォーターペイントをしたら、耐久性は?と思い1年位前に施工したものです。
青空駐車場なのですが、現在も剥がれや、くすみはありません。
ボディペイントと同じで最終クリアペイントをし、磨きを掛けますので、ボディペイントと同じ行程ですから、そう簡単は剥がれませんね。
ここまではやりすぎ!なんてよく言われましたが、外のパーツにも出来るか?と言う質問のお答えです。

アルミホイール 修正 ペイント VOL.2

今回はRACING DYNAMICS BMW E36用をリペアいたしました。
写真をクリックすると大きな画像が見られます。
とても良い仕上がりだと思います。
4本ともリム傷が酷かったので、全てリペアしました。
今回はホイールの振れが無かったので、リム修正とペイントのみです。
綺麗でしょ?

AT シフト カバーリング

E30 オートマチックシフト カバーリング
写真は右ハンドル用です。
新品はこんなにヒゲ?が付いているんですよ。
古くなると歯抜けになって、寂しい感じです。
意外と安いですよ。
シフト廻り引き締まります。
パーツ番号 5116 1961 732 ¥1,869-(消費税込み)右ハンドル用
パーツ番号 5116 1904 758 ¥1,869-(消費税込み)左ハンドル用

オーバーヒート


これからの不安はやっぱりオーバーヒート!
E30の場合水温計の指針は暖気後だいたいセンター前後です。
ヒートでまず疑うのがサーモスタットですね。判定方法としてはいろいろありますが、ラジエーターのアッパーホースとロアホースの温度差です。手で触って明らかに温度差があれば、まず間違いないでしょう。(エンジン回転中はファンやベルトに必ず気を付けましょう!危険です。)
温度差がなければ、他のホースも温度点検です。冷たいホースがあればエアがかんでいるかも。
他はコンデンサーファン(グリルの後ろの電動ファン)がエアコンON時に回転しているかどうか?
エアコンOFF時でも水温が上がれば自動的に回転します。高速回転と低速回転があります。
ファンが作動していなければ、ヒューズを点検してください。結構切れているのを確認しています。
ここまではなんとか工具無しで判断出来るかも。

続きを読む オーバーヒート

メーターのトリップが動かない


トリップメーターが動かない
ほとんどの場合左の写真のようにギアが割れています。
右の写真が正常なメーターギアです。
中古のメーターをばらしてギアを組み換えたりしますが、成功例はブリーズでは現在1件です。
どうもプラステックのギアが風邪を引いたというか、ねばねばになって割れてしまうようです。
Assy交換はマニアにとっては嫌なもので、なんとか復活をと思考、施行錯誤しています。
近いうちにプラモデル屋さんを一度覗いてみようと思っています。
ギア数と大きさが合えばなんとかなるかも!
また報告しますね。

※追記 2009/11/17記
残念ではありますが、ブリーズの勝手な都合により、試行錯誤で今までやってまいりました、メーターギアの修理は終了させていただきました。
やっと見つけた、ピニオンギアを「今、プラモ屋さんに別件で来ていますが、何個か買って行きましょうか?」なんて優しくいつもお声を掛けて下さった、Kさん。
なんの見返りも求めず(勿論見返りもしませんでした)、ただただ精度を上げる為に、職種も違うのに、何度も何度も型を作り、また作り。。。モジュールギアをとうとう作成して下さった、Tさん。
ありがとうございました。ここに深い感謝の意と敬意を表します。
僅かな台数かもしれませんが、ギアの復活したE30は、現在も元気に時を刻んでいることも報告しておきます。

Mテクニック エントランスステップモール取付

E30ツーリング Mテク仕様の続き
先日フットレストを取付した325ツーリングです。
2ドア用のMテクニック エントランスステップモールを切断加工して取り付けました。
4ドアですから勿論4枚使用しましたので、在庫品がかなり減ってしまいました。
ドアを開けたらチラッと見えるところがおしゃれですよね。
外観は全てMテクになりました。希少パーツ満載のE30 325iツーリングです。

大阪府東大阪市にあります "Garage Breathe" による BMW E30をこよなく愛する 「BMW E30 ONLY BLOG」です。