BMW E30 電動ラジオアンテナの復活再生。


去年からなんか。。BMW E30の電動ラジオアンテナの故障が増えたんです。
もう発売されてから30年以上経つわけですから。。
すでにこの修理や交換は終わっていると。。思っていました。
ただ、2回目、3回目って方もおられます。
私は、ルーフアンテナに変更したので、この故障とはおさらば?しましたが。。
昨年は何故か?天井に角を立てる作業が多くて。。
もう天井に穴あけは、嫌ダァ〜と私は弱音を吐いてました。
ら。。何故か今度は電動アンテナのお話が多くなってきました。

たいていの故障は、アンテナが下がらない、上がらないです。
下がったままで故障するのはまだいいんですが。。
上がったままで下がらんは。。ちょっとね。
いたずらされたら嫌だし、はたまた駐車場状況によっては、入庫出来ないとかね。。
昔昔、ユーノスロードスターでは、やったことありますアンテナロッドのみの交換。
ただ、BMW純正品では、この補修パーツは存在しません。
今回は、国産車の新品アンテナロッドを流用し、BMW E30の電動ラジオアンテナの復活再生を目指します。
ロッドケーブルがプラスチックですので、割れちゃって。。故障になるケース。
BMW E30では私は初めての挑戦?なので、興味津々です。
今回はお客さんのE30では無く、ロッド割れでいつか修理してみようと置いていたBMW純正電動アンテナでの作業です。
まずは、本体をばらして、折れたロッドを全部綺麗に抜き取りました。

綺麗にぬきとりました。
ロッド無しのまま、アンテナ本体を元に戻しました。
で、アンテナ本体を車に取り付けて作業の雰囲気で、バイスに固定。
2pカプラーに電源を流します。
ボディ取り付け部がアースとなります。
2pカプラーに両方プラス電源で、アンテナUPの指令です。
モーターが止まる限界までUPし続けました。
ロッドを手で差し込める所まで、差し込みました。
感触で分かりました。
手でロッドを支えて。。
LOWの指示を(2Pの片側を外す。。)し、モーターが勝手にロッドを吸い込んで行きます。
あ。。一回目失敗。。
もっとちゃんと手を添えて。。2回目。
お。綺麗に吸い込まれて行きました。
上下運動を繰り返して。。
ちゃんとロッドが格納され、出来上がりました。
ちょっと嬉しかったなぁ〜
まあ。。シルバーのアンテナなんで。。
ブラックポールアンテナにはなりませんが。。
ブラックでなけりゃヤダ?
贅沢言わない。
調子に乗って。。
動画UPしちゃいますね。

国産車流用品 補修用ラジオアンテナロッド ¥4070-