BMW E30 Garage Breathe M3 トリガーコンタクト(MEMO)





パスルセンサーとか。。トリガーコンタクトとか。。クランクセンサーとか。。
色んな名前で呼ばれております。
M3はあまり触った事が無いので、初めて見た時は、「へ〜2個付いてんだ。。」
と思いました。
私は、ほとんど後期E30M20車ばかりなので、センサーは1個しか知らないのでありました。
前期E30は2個付いてんのかな?
M3ではこいつのおかげで、色々悪さするようです。
私はこれが原因で、トラブルが起こって、入庫したM3と遭遇した事が無いので、どのような?色んな悪さをするか?を体感した事が、残念ながら?ありません。
噂やお電話で、色んなお話を聞きますが。。
忘れっぽいお年頃なので。。
あくまで、パーツMEMOであります。
M3 トリガーコンタクト 1214 1730 773 ¥16700-


センサーは2個とも同じ物です。
カプラーは、ワイパー側のカバーを外せば、見えてきます。
3個同じ様なカプラーが見えてきます。
3個並んだ写真の右側の赤いタイラップのカプラーは、違います。
左の黒、灰がセンサーカプラーです。
灰色カプラーがミッション側の下”B”側です。
フライホイールから検知していますので、エンジンとミッションのつなぎ目にセンサーが取り付けられています。
ミッションBODY側に”B””D”の刻印があります。
”B”が下側で、”D”が上側です。
間違えて取り付けたら、エンジンの調子が悪くなるので、間違えたとしても、すぐ分かると思います。
またカプラーは、狭く取り付け難いかも。。
しっかり”カチッ”と、音がするのを確認してください。
走行中に外れてしまうと、エンジン始動出来ません。
作業は、10mmのソケットやレンチだけで可能です。
エンジンルーム上からもかろうじて、見えます。
上から作業も無理したら可能かも?しれませんが、作業スペースを作る為に、エアクリーナーなどを外さないと無理かもです。
車台上側をジャッキアップ出来れば、左ロアアームとBODYの隙間から出来るかもしれません。
ジャッキアップやウマでの作業は、大変危険ですので、十分注意して下さい。