e30 FUELフィルターの交換

先日の記事で、私のE30 320iA4Rの燃料ポンプを交換しました続きです。
燃料フィルターの交換を本日追加で作業しました。同時に交換したかったのですが、少しずれてしまいました。約45,000km走行しましたフィルターです。ただ交換をするのも面白くないので、白いウエスの上で外したフィルターを振ってみましたら、ご覧の通り茶色いカスが沢山出てきました。
燃料に限っては、私はガソリンスタンドのメーカーは昔からずっと同じです。
やはり色々な物が混ざってしまうんでしょうね。またE30側にも色々な物が発生するのでしょう。
これを見ると定期的にFUELフィルターを交換したいものですね。
今回はBOSCH製のフィルターを使用いたしました。
FUELフィルター BOSCH 0450 905 030 ¥2,835-(消費税込み)

BILSTEIN オーバーホール その1 発注

BILSTEINがO/H出来ると言うのは、有名なお話ですね。
今回、実はブリーズでは初めてなんですが、O/Hの依頼をいたしました。
現在は混んでいるようで納期は3〜4週間と聞きました。
フロント倒立のBILSTEIN E30用 4本のO/Hです。リアショックのみペイントも依頼しました。
フロントショックはケースの中に隠れてしまいますので、少しでも安くと考えました。
大まかな見積もりは、1本あたりO/H¥10,000- シャフトに傷有る場合はシャフト交換で¥6,000-UP ペイントは¥3,000〜¥4,000-だそうです。楽しみです。
もう一つ、実は小技で少し阿部商会さんに無理を言ってきました。「出来るかどうかは分かりませんが頼むだけ頼んでみます」とのご返事。こちらも楽しみです。また忘れた頃に生き返ったBILSTEINの報告をいたします。

ATF-OILレベルゲージ

E30のパーツも最近廃盤廃盤で嫌になってきますよね。写真はOILレベルゲージの数々です。こんなもの折れない限り交換なんてありませんよね。
いつの日か役に立つ時があるかもと在庫しています。
E30のATFの測定方法はご存じだと思います。エンジン暖気後、始動したままPレンジですよね。
メーカーによっては様々な測定方法があります。Nレンジであったり、エンジン停止後Nレンジで1分以内とか・・・
エンジンOILのレベルゲージが最近無くなって来ているのを以前に書きましたが、ATFの方は随分前から消えてしまっているメーカーが沢山あります。
知識と工具が無ければ測定出来ない、リフトアップしてATFオイルパンの底から専用工具でボルトを外し規定量を測るなんて普通になってきています。
「少し漏れがあるのは知っているけど、修理代金を貯めるまで補充して、ごまかしごまかし走行」って出来なくなるんです。ユーザーが測定出来ないのは、私は問題あると思うんですけどね・・・
先日OIL漏れを修理したVW車なんか測定の仕方がまた違っていました。私も困りはてていました・・・

BILSTEIN BTS KIT

E30 定番足回りと言えばBILSTEINですね。
ALPINA,AC SCHNITZER,HARTGEもBILSTEINベースで味付けされています。
以前はSACHSもSPORTING-SetなどダンパーとスプリングのSETが存在しましたが、ほとんどラインナップからe30用は消えているようです。
BILSTEINはO/Hも可能なので、まだまだ安心ですが、なかなか新品の日本在庫は厳しい状況のようです。
昔はフロント/リアとも単筒でしたが、現在はFショックは国産ではレガシーなどに使われている倒立単筒ショックが採用されています。
カタログ値ではフロント/リアとも25mmDOWN。e30の場合アッパーマウントなど同時交換がお勧めです。
BILSTEIN BTS KIT (BTS1330EZ ’88/11~’91) 51mmストラット
定価 ¥132,300-(消費税込み)

SOLD OUT (2009/12/26)

BBS エアーバルブキャップ

写真はBBS製のアルミホイールのエアーバルブです。
なかなか面白いアイテムかな。黒いゴムバルブにネジ式で、帽子のような感じです。
どうもシルバーのホイールなどに、黒いバルブが嫌だって方には、お洒落になります。
通常のゴムバルブに装着出来ます。(短い専用品には不可)
キャップの頭にBBSの文字があります。
EU式のバルブのエア漏れが嫌で、ゴム式に交換されている人には特にいいかも。
BBS エアーキャップ (バルブ付き) ¥840-

e30 FUELポンプ交換

お仕事ではなく私のE30 320iA4Rの燃料ポンプの交換です。
突然ポンプが止まった訳ではありません。実は最近なんか信号待ちなどの発進時「えっ!(冷や汗)」と思うようなアクセルが付いてこない感が何度かありました。もしかして・・・とずっとポンプを怪しんでおりました。
購入時が確か50000KMぐらいで、ポンプの交換記録もなく、最近95000KMくらいになりましたので、そろそろかな・・・と。
前にガソリン臭いのでポンプを外してOリングを替えた時、ポンプの一番下のストレーナーが古いタイプだったので、今まで未交換だなとは確信していました。
新品のポンプはストレーナーが網のようになっていました。写真を取り忘れています・・・
やはりポンプだったようです。発進時の嫌な感が全くなくなりました。
ちょっと壊れて止まる前に交換はリッチかな・・・なんて思いましたが、仕事柄自分のE30が止まって他の作業が出来ないのも問題だしね・・・

ようこそガレージブリーズへ VOL.11 from Osaka

’91 320iA4R 最終モデルさんのご来店です。
綺麗なスターリングシルバー、1オーナーE30です。
実は私、最終モデルの320をあまり見たことがなかったのです。私の320との大きな違いはまず、EH付きAT (325には標準です)、ABSが付いていおりました。
レザーシート(インナーパネルも)仕様のこのE30はオリジナルを大事にされ乗っておられます。流石1オーナー車かなり整備に手が入っておりました。
新車を買ってすぐにハルトゲの3ピースホイールに変更されたそうです。きっと高かったでしょうね〜
最近ではとんとハルトゲホイール見ませんよね。E30発売当時はよく見かけたと思うのですが・・・
今回はBELLOF HIDの装着にブリーズにお越しくださいました。ありがとうございました!

続きを読む ようこそガレージブリーズへ VOL.11 from Osaka

e30 ラジオアンテナ


e30のラジオアンテナは3種類あります。スタンダードはシルバーの電動アンテナ、Mテクなどに標準のブラックの電動アンテナ、そしてM3やツーリングなどに付いているルーフアンテナ(写真右)です。ブラックポールのアンテナは早くに廃盤になっています。ブリーズでも在庫があれば直ぐに無くなってしまうような希少品のようです。
シルバーポールのアンテナは発注出来ますが、現在はBOSCH製の汎用品がBMWから発売されています。
マニアな方に言わせると「作動音が大きい・・・」私はあまり気にしないのですが、言われた事がありました。
プラスティックの芯が巻き付いて上下しています。たいていの故障はこの部分の破損が原因です。
何度か再生を巧みましたが直ぐにダメになってしまいました。お客さんで上手にライターなどであぶって接着し成功された方もおられます。少しショートアンテナになっているようですが。
シルバーポールアンテナ 9061 0436 554 ¥16,800-

e30 スロットルバルブ 水漏れ


突発的な修理がちょこちょこ入庫し更新が遅れていました。
e30のウィークポイントのスロットルバルブの水漏れです。
今回はにじみを通り越してクーラントが吹き出してしまいました。
右の写真のコルクで出来たガスケットです。何故コルクなんでしょうね?もっと強いガスケットをお願いしたい所です。
またボルトが曲者で、細いトルクス3本で取付されています。水廻りなので錆びていたりしますので脱着は慎重にしないとボルトが簡単に折れてしまいます。
無理して車載のまま作業も可能かと思いますが、スロットルASSYを外しボルトを緩める作業が無難だと思います。
ガスケット 1354 1285 471 ¥105-
ガスケット 1354 1289 576 ¥105-
ボルト 1354 1705 561 ¥210-×3

paint it black / garage breathe



なんでもかんでも「黒く塗りつぶせ」ではないのですが、メーターリングとメーターとにらめっこしている内にこんなのが出来ました。
メーターギアの修復の再挑戦をかねて遊んでおりました。ギアの方はなんとか最近はうまく行っておりましたが、私のe30は後回しになっておりましたので・・・
メーターギアの方は実はなんだかんだで、とんでもない状態になっていたのですが、中古のメーターがありシャフトの移植(何故こんな所まで??)などで完成に至りました・・・
さて今回のメーターリング。わざわざシルバーを消してpaint it black !
内側はマスキングしてシルバーを残しペイントしました。
車台に取付すると目立たないな・・・黒のスプレーが残っていた?その通りです・・・

ガレージ ブリーズ 大阪府東大阪市にあります、"Garage Breathe"によるBMW E30を「こよなく愛するBLOG」です。 BMW E30パーツの紹介や、日々のE30修理のみを書いております。 M20型6気筒SOHCエンジンを中心に、M3も少し?展開しています。 BMW E30の従来のベストコンディションを保ちつつ、足回りをもっと軽快に、E30で楽しく遊ぶことを目的としています。