カテゴリー別アーカイブ: Owner’s coner

ようこそガレージブリーズへ VOL.118 FROM Chiba

90年 BMW E30 325i Mテクニックさんのご来店です。一応?日帰りの?ご依頼作業でしたが、お越し下さる前に綿密な?打ち合わせを。。普通しますよね。。『遠い所からお越し下さるのですから、部品等しっかり用意しておくとか、先に作成しておくとかしておいた方が。。良いと思いますよ。』と、私。『全部出来なかったら、置いてゆくし。また来月行きますから〜』いやいやぁ〜また来月って。。遠すぎますよぉ〜って。。そんな会話を数日前からしておりました。まあ。。気になっておられる所のパーツは用意はしておきましたが。。リフトアップしたら。。あ〜これは、危ないからすぐした方が。。と言うパーツもやっぱあって、ちょうどブリーズ在庫しておりましたので、当日追加作業させて頂きました。まあ。。サムライなオーナーさんであります。このBMW E30 325 Mテクさん、Mテクでは珍しい色?たぶん。。”なんとかシルバー”って言うんですが。。メモしたんですが。。無くして。。名前忘れちゃった。。綺麗なE30さんで、走行距離も凄く浅いのであります。ごく最近入手されたそうであります。お話によると、お若い頃に憧れていたBMW E30に乗ろう!とお決めになって、日本全国色々探されたようです。(かなり遠くまで足を運んだそうです。)入手後直ぐにお電話頂けてまして、中古車なので大阪までたどり着けるように?『タイミングベルトと、水周りはメンテしてからゆくね〜』『出来上がったから、予定早めて来週行くわ〜』って。。とてもバイタリティ溢れる楽しいオーナーさんであります。このE30 Mテクはオリジナルでありましたが、ちょうどお越しの時に来られていた”悪いM3のお客さん”(車M3が悪そうと言う事でして、悪者ではありません。)と熱心にお話しされていて、次なる計画を。。告げて帰られました。。これからオーナーさんのお好みにメンテ等されて行く、楽しみなE30であります。またのお越しをお待ちしておりますね。

ようこそガレージブリーズへ VOL.117 from Tokyo

86年BMW ALPINA C2 2.5さんのご来店です。まぁ!まぁ〜なんと美しいALPINAさんでしょう。。お電話でお話ししたり、パーツを送らせて頂いたりしておりましたが。。まさか。。ここまで。。美しいとは想像しておりませんでした。。ブリーズでは3台目のALPINA車の。。4台目かな?(緑、青、白。。さっきから記憶を掘り起こしていました。)ご来店です。でも”お泊まり保育”は、初のことです。私は勝手に、『色は黒だ。』と思っておりました。なんで?黒?かは。。実は。。ここでは書きませんが、勝手な思い込みです。ご来店下さった日、初めてこのALPINAを見た時、鳥肌が立っちゃいました。”想像していた黒””雑誌等で見ていたあの黒いALPINA”だったからであります。ちょっとねぇ。。お預かりするのを躊躇っちゃいそうな。。美しさなんです。お話によりますと、ご購入されてから随分手を入れられているようです。ステアリング、ダッシュボード、デコライン。。エトセトラ。。これって?新品じゃない?。。新品のようです。え〜こんなの触るの?わたし?”ALPINAを知らない北田”です。そら。。雑誌やお客さんとの話で、C1とかC2とかB6とか色々見たり聞いたりしてますが、よくそのCとかBとか。。知らんのです北田。どうせ。。買えないし。。すねて、詳しく読まない聞かない北田なんですね。(人の話を聞いてないって、有名?ですが。。)そんな私が、いじって。。いいんですか?って、ね?。オーナーさんは、ジェントルマンで、真摯な方で、とても優しい方なので、頑張って〜?触らせていただくことになりました。(失敗しても怒られそうな気がしなかった。。んです。ずるい?)色々ALPINAと言うE30をじっくり研究?させて頂きました。B6/2.7?のタコ足でしたっけ?(間違っていたらごめんなさい。)それが入っておりまして、試乗で乗った時は、『あ〜ええ音してる〜』欲しくなる”えっちな音”でした。色々作業を頂戴いたしましたが、『それはちょっと。。』と、私ごときでは、出来ない事もあって、ご要望に全てお答え出来なかった事は、心残りですが。。精神を鍛えて?(腕磨け?って?)またのご来店をお待ちしておりますね。

ようこそガレージブリーズへ VOL.116 FROM Kobe

92年 BMW E30 320iカブリオレさんのご来店です。珍しい色のカブリオレさんだと思います。ブリーズでお越しのE30では、”みどりちゃん”くらいかなぁ〜。。1オーナーさんであります。内外装ともオリジナルを保っておられます。今回、”訳あって、究極のルームクリーニング”をさせて頂きました。ここまでした事は私は無かったので、勉強がてらさせて頂きました。初めてのご来店でここまでするとは。。正直勇気がいりますよ。。私には。初めてお電話頂いた時には、これは。。なんとか。。しなければ。。と、勇気を出させて頂けました。お会いしてびっくりしたのは、なさっておられるお仕事の事。私、正直興味津々でありまして、BMW E30のお話より、そっちのお話で頭が一杯になりました。初めてお会いしたのに何をなさってるお仕事?なんて。。聞きませんよ。何故?それを聞いたのか?それは。。グローブBOX内にあったブルースハープ、ハーモニカのせいです。ご主人さんがBOXから取り出して。。『鳴るかな?』と、ハーモニカを。。それが、めっちゃカッコ良くて。。『お仕事何されてるんですか〜?』って、聞いちゃいました。『え!?カッコいい〜』って、わたくし感動しちゃいまして。。根掘り葉掘り。。答えてくださいました。またそのお話を楽しみにお待ちしておりますね。。と、またBMW E30のお話は少なく終わってゆく、ブリーズブログであります。

ようこそガレージブリーズへ VOL.115 FROM Kamakura

90年 BMW E30 325i Mテクニックさんのご来店です。ダイアモンドブラックのとても綺麗なE30さんであります。走行距離が驚くほど少なく、35000KM。。まだこんなE30が存在するのであります。昔、E30のMテクニック車はよく見かけたのですが、今は何故か?少なくなった気がしています。現在は?(ちょっと考えておられる事があるみたい。。)完全オリジナルであります。”BMW M Technic”と書かれたあのエントランスステップモールは、『新品に入れ替えたのですか?』と、わたくし質問したぐらい綺麗と言うか。。艶が新品そのものです。足が当たったりする所なので、一番に驚きました。(絶対足当たらない様に。。しないと。。と。)走行距離は少ないですが、BMW E30の定番的箇所は、しっかりメンテナンスされております。わたくしの憧れの地”鎌倉”からお越しで、色々TVなどで見てる鎌倉のお話もお聞きする事が出来て幸せです。あの江ノ電でご通勤されているとか。。なんか羨ましい。。気もするのですが、有名地ですので、それなりのご苦労もあるんでしょうね。。オーナーさんはすらっとしたスポーツマンで鎌倉に似合う?(勝手に鎌倉をイメージしてるので、私。。)素敵な方でした。実は今回ブリーズで”お泊まり保育”予定だったのですが。。お越しになった当日、上手く作業が進み、お悩みだった件も解決して、日帰りになっちゃいました。ちょっとある意味残念でしたが。。治って嬉しい。またお越しくださると言って下さいましたので、楽しみにお待ちしておりますね。そうそう。。私、知らなかったんですが、お土産で頂いた、あの”リスのマーク”のお菓子。。めっちゃ美味しかった。。ので、箱捨てないで置いておこう。。実はリス好きな北田でした。

ようこそガレージブリーズへ VOL.114 FROM Toyama

89年BMW E30 M3さんのご来店です。ダイアモンドブラックの綺麗なM3さんであります。随所に希少なパーツが装着されております。跳ね上げ式のリアマフラーはM3にとても似合いますね。特にタイヤサイズにはこだわりを持っておられまして、あまりM3のタイヤサイズにも詳しくない私は、なるほど。。と勉強させて頂きました。他、内装や外装はM3オリジナルを重視し、しっかりキープされております。今回はあまり(いや。。全然。。)M3に詳しく無いブリーズにご入庫頂き、沢山のメニューを頂戴いたしました。また、ブリーズの”くだらないブログ”をしっかり読んでくださっているのが。。よく分かるメニューを頂きました。オーナーさんはとても楽しい方で、あがり症の?北田は心地よくお仕事させて頂きました。実は。。お盆休み前にご入庫のお電話を頂きましたが、たまたま。。ほんとたまたまなんですが、その時入庫台数が多くて、しばらくお待ち下さっておりました。お電話頂いたら即対応したいのですが、なんせ戦闘員は北田ひとりなもので。。申し訳なく思っておりました。『またお盆明けにお電話しますね〜』って、言って下さって。。誠に恐縮であります。遠い所からのご来店でしたが、またのお越しを楽しみにしております。

ようこそガレージブリーズへ VOL.113 FROM Kobe


87年 BMW E30 M3さんのご来店です。
実は、約一年ほど前からブリーズにお越し下さっております。
初めてのご入庫は、大事に?トラックに乗せてのご来店でした。
過保護にもほどがある?
いえいえ。。いわゆる。。レッカー入庫であります。
そう言えば。。ブリーズに初入庫でレッカー車でのご登場はお二人目です。
で。。その車種もBMW E30 M3さんでした。
M3はレッカーが似合うのであります。(あ、怒られそう。。)
冗談です、冗談です。冗談です!
なぜ?M3はレッカーが似合うのか?(まだ。。言うか。。)
レッカーと言っても、積載車の事であります。
レッカー車の上にM3が載っていると、「レースに行くの?」って、雰囲気を醸し出すんです!
だから。。M3はレッカーが似合うと。。私は常々?言うのであります。
それを一度ブログで書いたことがあるんですが。。
あれからM3のお仕事は減ったな〜敵作ったな〜と反省?しておりましたが。。
思い出したんです。
しかし。。しつこい。。話。。
そう言えば。。このM3さんの”お友達M3”も関東からレッカーで入庫したなぁ〜
ちょっとは?褒めないと。。商売商売!
え〜っと。。エンジンルームが素敵な色、クリスマスカラーでありますね。
と。。少しは褒めておきましょうか。。ね?
M3さんにしては珍しく?、生活感のある?M3であります。
昔はレースされてたとか。。今は、普段乗り通勤快適車?そこはいい感じのM3さんです。
ちょっと。。ブログでいじりすぎ?
いちおう。。ご了解は。。えてます。。

ようこそガレージブリーズへ VOL.112 FROM Kyoto


89年BMW E30 320iMテクニックさんのご来店です。
もう。。一言。。美しい。
ほんとその一言に尽きます。
今まで色んなBMW E30さんがお越し下さっておりますが、美しさではBest3に間違いなく入ります。
修理でお預かりする前にお越し下さっていたのですが、私。。言いました。
「あ、これ。。ダメ。綺麗すぎ〜」
あんまり綺麗過ぎると。。触るの神経ピリピリしますので、体に悪い。
ワンオーナーさんでありまして、走行距離もまだ5万キロに届いていません。
塗装もオリジナルのままで、クリアに小傷も見えないです。
だってさぁ。。エンジンルーム作業するのにフェンダーにカバー付けるじゃないですか。。カバーするだけで傷がつくんじゃないか?と、ピリピリしますよ。
まあ。。何度かお話させて頂いているうちに、作業させて頂こうかなぁ〜なんて気分になりましたが。。
綺麗すぎてお断りなど。。贅沢言える身分じゃないのは分かってはおりますが。。それくらい綺麗なのであります。
内外装全て完全オリジナルを保っておられます。
驚いたのは、配線が綺麗。
内外装綺麗でも配線が綺麗なのは、なかなか。。ありません。
それをお伝えさせて頂いたのですが、そこを保った秘訣がどうもあった様です。
なるほど。。そうして保護してたんですか〜少し勉強になりました。
京都の綺麗な街並みにとても似合いそうな、美しいBMW E30 320iMテクニックさんでした。

ようこそガレージブリーズへ VOL.111 FROM Osaka


87年 BMW E30 320iA4Rさんのご来店です。
約5年ほど前から、本格的に?ブリーズにお越し下さっております。
大阪の方のBMW E30のご紹介は。。少しためらいがありまして。。
この”Owner’s coner”にあまり載せていないのには、”小さな”理由がありますが、ここでは書きませんが。。
ほぼワンオーナーさんE30であります。
お話によりますと。。
自動車免許を取得する前、教習所に通っている頃に一目惚れして、ご購入されたそうです。
よって。。自動車免許を取得してから、ずっとこの”BMW E30一筋”と言う事になるわけでして。。
ちょっとこれって、凄い事なんじゃないかな?
並行輸入車のBMW E30でありまして、ちょっとエンジンルームはこの年式、87年の日本仕様とは異なっている所が多々あります。
私もエンジンルームを見たら。。う。。見た事ないパーツが。。たくさん。。であります。
クルーズコントロールが装着されておりますが、現在もしっかり作動するそうです。
当時並行輸入の外国車は、修理の面でご苦労されたと思います。
正規ディーラーさんなどは、なかなか。。触ってくれない時代でしたから。。
並行輸入特に南アフリカ仕様は、車台番号で特定出来ないパーツが沢山ありますので、いざパーツは確定出来たけど、ドイツ本国からなかなか取り寄せが。。出来ないとか。。
想像しただけでも大変だったと私は思います。
今やWEBなど情報は沢山ありますので、楽チンですけどね。。
心折れそうな時もあったんじゃないかな。と、勝手に想像しております。
ほぼオリジナル仕様のBMW E30さんではありますが、結構外観はある意味?インパクトがありまして。。
一度目にしたら。。「あ、知ってるこのE30」って思い出すと思います。
オーナーさんは”機械物大好き”さんでして、便利な自動車装備が発売されたら即取り付けされていたようです。
ETCなどもメジャーになる前の凄いレアもの?が装着されておりました。(私も初めて見ました。)
今回、そう言う年代物全ての機器等、総入れ替えのお手伝いもさせて頂きました。
足回りもしっかりし、これからもオーナーさんはきっと”BMW E30一筋”を貫かれることでしょう。

ようこそガレージブリーズへ VOL.110 FROM Shiga


88年BMW E30 320iM4さんのご来店です。
Lachssilberの、そして鏡の様な。。美しいE30さんであります。
パーツのお取引等で、何度かお話ししておりまして、「いつか行きますね〜」って、言って下さってたのをはっきり覚えておりました。
本日急遽?お会いすることが出来ました。
お話によりますと。。木曜日が定休日のお仕事でありまして、ブリーズの休みと重なっております。
今日は時間を作ってお越しくださいました。
私もごく最近体感しました、素敵なお仕事の方でありまして、なんかこの美しいE30がとても似合っている気がしました。
いつもこのGarage Breatheのくだらないブログを読んで下さっていて。。
わたくし北田を想像しておられた様であります。
FATで。。肩までのロン毛な人と想像しておりました。
。。との事でありまして。。
そうなんだぁ。。そう感じるのか〜と。。
ちょっと。。文脈変更しようかしら。。
そう言えば。。ツインテールがいいだの。。しょうもない事ばかり書いてるしなぁ。。
実物のご感想は?。。。内緒。
マニュアルミッションの320でありまして、レッドテールなどご自分でも色々遊んでおられます。
しかし。。美しいE30さんであります。
夏にはお仕事が、ちょいと空くとか。。次回暑い日にお待ちしております!

追伸。。
写真こんなんで。。すみません。
撮影してもらったら。。よかったかな。。

BMW E30 GARAGE BREATHE ”THANK YOU REPEATEDLY VOL.37 FROM NARA”


「ようこそガレージブリーズへ VOL.37 FROM NARA」さんであります。
ブリーズ初の?”その壱””その弐”と、贔屓めな?2本立てでありました。
珍しいBODY色「Nauticgrun」でありまして、なんと読むか?分からないので。。
面倒なので。。”南海ホークスカラー”と、ブリーズでは読んでおります。
ブリーズの最若手、まだギリ20代のオーナーさんであります。
学生の頃、ブリーズ初のイベント「夏なのに。。」で初めてお越しくださりました。
もう。。約9年前の事なんですね。
実はこのオーナーさんなんですが。。”陰の?宴会部長”であります。
ブリーズの新年会や忘年会等、全ての宴会に欠席ありません。
初めの頃は、大阪ミナミのライブバーで忘年会してたんです。
その時からも〜ぜ〜んぶ出席、冬であろうが、夏であろうが100%の出席率。
この”南海ホークスカラー”さんが、いないと宴会は始まりません。
ブリーズでは、今や”アイドル的存在”であります。
お若いのですが、色々詳しくて。。
たとえば私が、他のお客さんとの会話で、車で無い物の話を「これはこうやねんで。」って、言ったら。。
信頼性がないのか?「いや、ちゃいますよ、これこれこうです。」反論(口答えですね!)されたりするんですね。。
そんな時、面倒なんで、私が、「南海ホークスくんがそう言ってたもん。って言ったら。。
それやったら、それが正しいです。
と、黙らせるほど、信頼されている。。のであります。
宴会では欠かせない存在感ある、BMW E30であります。
ん?車の話が全然無い?
はい。。ブリーズの色んな誘惑には一切負けない?ご来店当時から、外観は全く変化無し!ある意味?オリジナル。。頑固者?アイドルであります。
ブリーズでは唯一の318のM40エンジン、M3と同じの。。(M3を敵に回す?言い回し。。じょーだんですやん。。)4気筒さんです。

「7月19日 夏なのに。。。」関連記事2009年